治験 関東

治験バイトへの参加について

治験のアルバイトを東京とか関東地区でしたいんだったら募集が多い地域になるのでラッキーなんですよね。

 

治験の募集がたくさんあるって事は、治験の日程、内容、報酬、とかで選ぶ事も出来るって事ですからね。

 

治験バイトに参加するのは、自分で選んで自分で決定するって言う流れになりますが、最終的には情報を集めて自分らしい選択をした方がいいかなって思います。

 

バイト代だけで選ぶのもいいけど、まだまだ高額報酬多いから、お金を稼ぐ!って言う事だ毛が目的ならそうなってしまうんでしょうけどね。

 

説明文書・説明会・主治医の説明・治験コーディネーターの説明・インターネット上の情報・臨床試験に関する情報・製薬会社の情報などなど参加するか迷った時には説明会とかで質問とかする事もできます。

 

 

治験バイトに参加する事で医薬品の発展にも繋がる

治験社会貢献

治験、臨床試験の参加する事は自分だけじゃあなくて医療・医薬品の発展にもつながります。

 

自分が最新の治療を受ける事が出来るチャンスもあります。 ニキビ治験とかだと最新のくすりを試す事が出来るって事もメリットになりますよね。

 

あなたが治験に参加する事で、人の役に立つチャンスもあるし、医薬品の発展にも繋がります。

 

医療・医薬品の進歩、将来の患者さんの役に立つ、社会に役立つ、医学に役立つ、貢献できるって事になるし、バトンの受け渡しって言う意味合いもあるんです。

 

あなたが標準治療として普段使っている薬、ドラッグストアとか薬局で売っている薬って言うのは、過去の臨床試験の参加された人の協力で生まれた薬になります。

 

あなたが治験に参加して、新しい薬に挑戦してもらったって事が将来の患者さんの役に立つって事でバトンの受け渡しになるんですね。

標準治療と新薬治療

標準治療と新薬治療っていうと難しく聞こえますけど、下記の事になります。

 

標準治療・・・今現在ある薬のこと

 

新薬治療・・・今現在開発中の薬の事

 

 

新薬治療野お手伝いをするのが治験モニター、治験ボランティアの役目になります。 いわゆる治験バイトがこれですね!

 

第T相試験、第U相試験、第V相試験って言う流れで行うんですが、

 

第T相では安全かどうかを確かめていきます。 ここでは比較的少人数で健康な人での治験を行う場合が多いんです。

 

第二相では特定の病気に効果があるか?について見ていくので、特定の疾患を持っている人に対して治験を行う事が多くなってきます。

 

第V相では、過去の薬、標準治療との比較をしていきますし、より大人数での治験を行って安全性と有効性を見ていく最終チェックみたいなステージですね。 厚生労働省の承認を得るためのステップです。