治験 関東

治験の手続き

 

≫治験のバイトしたい人の手続きはまずこちらの登録から!

 

 

治験を受けるって言うのは新薬・治験薬の危険性を認識しておかないといけませんが、治験を受ける事になる大きな意味って言うのは、お金だけじゃあないんですよね。

 

バイトとか高額報酬とかお金儲けの為だけに治験を受けている人もいますけど、結果的に新薬開発っていう社会貢献とかになっています。 これがないと最先端の薬って作れますんからね。

 

国の承認を経て新薬が市販される訳ですけども、これって先進国のほとんどがこの流れを踏んでいるって事になるんですが、日本には大きな落とし穴ってあるんですよ。

 

 

薬が出来上がるまでの時間

新薬開発

手続きにものスッごい時間がかかるんで、新薬の開発から承認までにかなりの時間がかかってしまうんです。

 

欧米と比べると4年も長いって言う事も起きているんです。

 

ドラッグラグ、薬の時間差?って言われています。

 

なのでたとえば、アメリカとか欧米とかでは薬が手に入るけど、日本ではまだその薬は購入する事が出来ない何って言う事が発生しているんです。

 

アメリカとかでは普通に治療に使っている薬が日本では未承認で使う事も買う事も出来ないって事があります。

 

海外で実績がある薬でもタイムラグ・ドラッグラグがあるのか?それも数年単位で?って思っている患者さんとかも多いんですよね。

新しい薬のために治験って必要不可欠

疾患者にとって使える薬が少ないって事は不安にもつながる事があるんです。

 

たとえば人に寄って効く薬って全然違うんで、自分に効く薬を使う事が病気を治す最短ルートになるんですが、薬って飲み続けていると耐性・抗体が出来て効きにくくなったりもするんで、時には薬を買えるって事も必要なんですよね。

 

抗ガン剤とかってこういう事が起こりやすいって言う事も聞いた事があります。

 

耐性が出来るたびに新しい薬に変えていくって、という事は薬の種類って多い方がいいですよね。

 

 

 

治験の時間

新薬の販売に時間がかかる要因の一つが治験です。

 

医療機関が治験に適した患者さんに治験の参加を呼びかけるんですが、参加者集めってどうしても時間が書かってしまうんです。

 

治験のサイトに無料で登録する事で、いろんな医療機関の治験募集とかの情報を見る事が出来るんで、色んな求人とか治験の内容から選べたりしますからね。

 

あらかじめ自分の希望に合った治験がくれば本人の自由意志で選べるし、どこどこの医療機関にきてっていう募集もできますから。

 

医療機関が通院患者の中から選ぶのとはわけが違います。

 

 

薬に寄って助けられてたとか生活って多いんで、治験に興味のある人は治験モニター・治験ボランティアに参加してみてはいかかでしょうか?

 

≫治験のアルバイト・治験モニターの無料登録と参加はこちら